はじめまして。

治療家の田中あい と言います。

15401487_1755052264820975_931058309_n

わたしは11年、マッサージの施術のお仕事をしています。
身体が資本の仕事でもあり、元気であることは絶対条件です。

しかしながら、11年前の私は、通常は元気モリモリなのですが、
生理期間中は、「全く元気がなくて別人のようだ…」

と、いつも元気な人というイメージでお店に来たのに、
ガッカリ…というお客様が現れるほどでした。

shutterstock_252888340-480x320

エビのように丸まって、お腹を抱えてうずくまることが
しょっちゅうでした。そんな状況は、接客業として致命的で、
何とかしなければ!と、、
生理痛を抑える痛み止めを飲むことで乗り越えていました。
でも、身体の勉強とマッサージ業を続けるうちに、
生理痛の薬を飲まなくても、生理が辛くなくなったんです。

 

生理が辛かった頃は、

◉お尻と太ももが極度に冷え冷え
◉太ももが内側にねじれている
◉下っ腹がかたくて冷え冷え
◉反り腰が強い
◉肩コリ、首コリが強い
◉むくみやすい

という特徴が目立っていました。

 

そこで、
ガチガチに固く冷え冷えの下腹部から
グニャグニャに柔らかく温かい下腹部にするために、
保湿を心がけるようにしました。

保湿…!?

は??意味が分からない…、という方が多いかも知れませんが、

 

体の不調のある部位は、
固くなって、冷たくなって、乾燥してガサガサしている

 

だから、潤いを補給するために、
ひたすら保湿なんです。
これを習慣化させるために、
お風呂上りに、ササッと保湿出来るのが良い!
という、自分の動線から忘れずに続けられる場所に
保湿剤をデンと置きました(^^)

 

痛み止めと違って、瞬時に効果を発揮するわけではないですが、
何十年も生理痛の薬を飲むなんて…わたしは嫌だったんですよ。

15歳で初潮を迎えるとして、55歳で閉経するとして、
出産・授乳期はないとしても、約40年近くも毎月のように
生理に苦しむなんて…嫌じゃないですか。

 

ガチガチに固く冷え冷えの下腹部から
グニャグニャに柔らかく温かい下腹部に

身体を育てると、

病院へ行かず
薬を飲まずに
生理前や生理期間中も

元気に過ごせるようになります!

 

自然療法でPMSやPMDD、生理の激痛を改善する方法を
月経に苦しむ女性に広めるため、情報発信をします。

 

—————————————————–

治療家 田中あい

柔道整復師 タイ古式マッサージ施術歴11年
NPO法人日本タイマッサージ連盟副理事長
恵比寿駅西口30秒 「あい古式マッサージ店」

PMS(月経前症候群)、生理痛、不妊症でお悩みの女性に対して、
婦人科系のお悩み相談、子宮を元気にするセルフケア・
セルフマッサージのセミナー、子宮整体の施術を行なっています。

◆セミナー情報◆

◆セミナー予約フォームはコチラから◆